こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの菅田です。

突然ですが、ファイナンシャルプランナーへ相談料を払う事。ライフプラン作成料を払う事に対して、どのような価値観をお持ちでしょうか?

ライフプラン提案書を作成する費用は、FPにもよりますが2~5万円程かかります。
(ちなみに無料で作成してくれるFPさんは保険会社の営業など、保険や金融商品の勧誘が目的のものです。
当然、有料のライフプラン提案書とは内容の濃さ、精度が違ってきます。)

何か美味しいものを食べたり、何か手に取って分かる商品を取得するわけでもなく、
相談やライフプラン提案書という書類を作ってもらうだけで何万円も払うのは・・・と抵抗がある方が多いかと思います。

でも、ライフプランを作成してもらうことにより、今後20年間で貯蓄が1000万円増えるとすればどうでしょう?

もちろん、頑張って節約すれば貯蓄できるという考え方もありますが、
ライフプランを作成することによって、将来のどの時期にどのくらいお金が必要になるかが可視化されます。

それにより、目標へ向かって逆算し、今の時点で節約すべき事、優先すべきものが見えてきます。

例えば、今からマイホームの取得を検討されている場合。

先に住宅展示場や不動産会社へ問い合わせしてから予算を組むと、欲しいと思った住宅の金額を中心に考えてしまいます。
そうすると、その住宅を購入する為、住宅ローンの審査が通るかどうか?というところばかり気にしてしまいがちになります。
無事にローンの審査が通過し、欲しい住宅を購入したものの数年後に教育資金の増大や金利の上昇によるローンの返済額が増加したことにより家計を圧迫するという事態も想定しなければなりません。

ライフプラン提案書

ライフプラン、将来のキャッシュフロー表を作成してから今後の家計収支を予測した上で無理のない返済プランから住宅の予算を決めていたならどうでしょう?
身の丈にあった住宅の予算を組み、その中で良い住宅を探していたのではないでしょうか?

先ほど、ライフプランを作成したら20年間で貯蓄が1000万円増えるとすれば・・・と書きましたが、
住宅購入予算については貯蓄どころかローンの返済が滞り家を手放しても借金だけ残るとうことだってありえるのです。

日本ではまだまだファイナンシャルプランナーへ相談しようという方が少ないのが実情ですが、
特に新婚世帯、子育て世帯などまだまだ将来の期間が長いご家庭ほどライフプラン作成はするべきではないでしょうか?

結婚した。子供が生まれた。家を買う。転職や転勤、遠方への引っ越し。
人生の色々な転機を機会にファイナンシャルプランナーへの相談、ライフプランの作成を検討してみてはいかがでしょうか?

きっと、ライフプランを作成し、将来の家計収支、貯蓄残高に与える影響はライフプラン作成料の何十倍以上の効果があると思いますよ^^